ライブチャットをマッチングサイトと間違えている男性客

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

チャットレディを長年やっていると、男性ユーザーが連絡先を聞いてくることがあります。

キャリアアドレスを教えてほしいとか、SMSでいいからやりましょうとか、ラインの交換をしましょうとかです。

当記事では、チャットサイトにいるチャットが目的ではなく、出会いが目的で利用している男性客の対処方法などについて細かく解説しているので、あなたのこれからのチャットレディライフに役立ててください。

完全に出会いのサイトだと勘違いしている

チャットサイトには、チャットレディとの会話を楽しむことよりも、リアルな出会いを求めている男性ユーザー一定数います

マッチングサイトでもないのに、勘違いして出会いができるサイトだと思っている男性がある程度いるのです。

ライブチャットサイトだとみてすぐにわかるのにもかかわらず、出会いに目がくらんでいる性欲まみれの男性も多いのです。

なので、チャットにログインしてくるなり、ライン交換してくださいとか、メルアド教えてくださいとか聞いてくる男性が多いです。

ですが、男性客ばかりが勝手にチャットサイトを出会い系だと勘違いしているわけではなく、ライブチャットをランキングなどにしているウェブメディアなども原因の一つなんです。

そういうウェブサイトというのはアフィリエイトをやっていて、男性客を登録させればさせるほどお金がもらえるので、女性と出会える!なんて誇大に宣伝して登録を促しています。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

以上のような流れがあるからこそ、出会い系サイトだと勘違いしてしまって、テレビ電話をかけていきなり、セックスしませんか?などと度肝を抜くようなことを聞いてしまったりするんです。

こういったウェブサイトを介さなくても、ほんとに出会いを探して登録している男性もいるかもしれませんが、ほとんどは、こういった一部の悪質サイトのせいで、出会い目的の男性客が増えてしまっているというのが現状です。

マッチングサイトと間違えている男性がとる行動とは

実際に私が連絡先を聞かれたエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディをやったことがある人はうんざりするほど体験しているかもしれませんね。

初対面なのに彼女になってほしいと懇願される

彼女になってくださいとかいきなりいってくる男性客は結構います。

どんな男性がタイプですか?高身長ですか?高収入ですか?などとメールを送ってくる男性もいるので注意しましょう。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ライン交換しませんか?と聞いてくるユーザー

ライブチャットサイトに現れる男性客で一番多いのは、このラインを聞いてくる男性ユーザーです。

ラインやってませんか?といって、自分のラインIDを添付して送りつけてくる男性もいるくらいです。

チャットレディにラインや直アドなどの連絡先を聞いてくる男性というのは、男性側からしたらチャットやメールにもポイントを消費しないといけないので、メールで1通目に聞いてくる傾向があります。

まずメールでいきなり連絡先を聞いて、脈なしだと思ったらそこからまったく音信不通になったりということが往々にしてあります。

いきなり音信不通になってもこちらとしてはかまいません。チャットしてくれる男性なんていくらでもいますし、そういう輩を相手にしていると時間がもったいないので、チャットレディのお仕事に専念しましょう!

ライブチャットのメール機能を使って、チャットレディに直接キャリアメールやラインのIDなどを聞いてくる男性客はたくさんいます。

私がチャットレディをやっているときに、こういった男性ユーザーからの誘いのメールが来たときは、すぐに断っていますが、ベテランの頭のいいチャットレディは、あたかもあなたと付き合いたいという思わせぶりな態度をみせて、どんどんメールのやりとり回数を重ねていって稼いでいる人もいるくらいです。

男性のあそこを見せてくる客

自分の大きなムスコをみせれば、女性が好きになってくれると本気で勘違いしている男性は多いです。

「俺のちんちん見て!マグナムっていわれてるよ!」なんていきなりいってくる男性もいますが、女性の皆さんはわかると思いますが、男性の股間の大きさなんて1ミリも気にしていません。男性は本気でアピールできると思っている節があります。

自分のペニス画像を見てもらえさえすれば、セックスしたくなるんじゃないか?と思っている男性が世の中にはいるのです。

チャットレディをやっている女性からしたら、男性の股間を見せつけられても、メールアドレスを教えたり、ラインを交換するわけありませんよね。チャットレディの腕のみせどころはここからどうやってチャット時間を延ばすかですね♪

会えるのが前提になっている男性客

ライブチャットをやっていると、チャットレディの女性とデート出来るかのような会話をしてくる男性もいます。たとえば、セックス楽しみにしているよ!とかです。

こういった男性のテクニックを逆手にとって、うまく転がしていくのが本当のチャットレディだと思いますが、こういう裏工作みたいなのが嫌いな女性ももちろんいるでしょう。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

下心モロだしの男性客

ポイントを使ってチャットしないくせに、エッチなコンテンツ動画を見たいというせこい男性も中にはいます。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

そもそもアダルトコンテンツというのはポイントをたくさん使ってくれるお客さんのボーナスとして見えるものであって、ポイントをケチってみようとする客なんて最初から相手にしない方がいいでしょう。

セックスしたいですとかいってくる男性

ライブチャットサイトにおいて、ポイントを使いたくない客というのは、チャットレディにメールばかりを送る傾向があります。

チャットサイトでなぜ出会いが実現出来ると思っているのか甚だわかりませんが、もう完全にチャットサイトは女性と出会えるものだと勘違いしているので、なにをいっても聞きません。

マッチングサイトや婚活サービスなんていくらでも有名なのがあるのにもかかわらず、チャットレディは出会いを提供しているサービスだと思い込んで登録している男性客が後を絶たないのです。

チャットレディがやると危険な行為とは?

ここからは、チャットレディがやると危険な行為を紹介していきたいと思います。是非参考に読んでみてください。

気軽な気持ちでやってしまうと、危険な目にあうこともあるので、初心者でもベテランでもやめておきましょう。

会ってしまわないように

チャットを介したバーチャルな世界ではなく、物理世界であってしまったことがあるというチャットレディの話をブログなどでたまに目にしますが、これは危険な行為に該当すると思います。

物理的に男性に会ってしまったら、どういう意図を持っている男性なのかわかりませんよね。なによりチャトレの一番のメリットは会わなくてもいいところなのに、そのメリットが欠如してしまいます。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

ライン交換などはしてはいけない

スマホのメールアドレスなどを教えて、男性ユーザーと直接やりとりをしても、チャットレディとして稼げるわけではないので、やめておきましょう。

中にはチャットレディをやっていると、しつこく連絡先を聞いてくる人もいるかと思いますが、そういう人には適当なアドレスを教えたりするとややこしくなりますし、リピートもしてくれなくなるので、ライブチャットサイトの規約違反になるからといって、交換はしないようにしましょう。

出会えるかのように振る舞わない

ラインIDの交換やアドレス交換などの直接の連絡先の交換はもちろんやめておいたほうがいいですが、こうやって、あたかも会えるかのように見せるのもよろしくないと思います。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

最近チャットレディの間で、使われているテクニックとしては、会うことを引き延ばすテクニックに、コロナが終わったら会おうというものです。

こういうことをいってうまいこと引き延ばしたとしても、女性はさらさら最初から会う気なんてない訳なので、男性をもてあそんでいるだけなので、法律違反ではありませんが、道徳的にどうかと思います。

男性も人間なので、女性の優位性をつかって、もてあそぶのはやめておきましょう。

直接アドレスを聞いてくる男性ユーザーの対処法

アドレスやラインを聞いてくる客に対して、どういった返答をするのが一番いい対処法なのでしょうか。

私が日々、チャットレディをしていて、直アドなどを聞いてくる客に対して行っている回避方法を紹介しています。

チャットレディのスタッフに何か言われるからという

ライブチャットで男性の相手をして稼いでいる女性に、連絡先を聞いて会おうなんていう虫のいい男性には、嘘でもいいのでいいわけをつくっておけば当たり障りなくその場を納めることができます。

チャットレディに誘いのメールを送ってくる男性ユーザーはもともとお金をかけずにケチって出会いたいタイプなので、ポイントのかかるメールは、一回断られるとあまり送ってこなくなります。

規約違反で禁止されてるからといういいわけ

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

代理店のせいにする

上記で紹介したような、直アドを聞いてくる男性客の断り方というのは、代理店やライブチャットそのものに禁止されているといういいわけをつくることができます。

ライブチャットサイトなどの外部の圧力で断らざるを得ないという設定にすることにより、男性客から教えてくれないやつだという避難も避けることができます。

アドレスやラインは教えないようにしましょう!

チャットレディをやっていると、直アド交換やラインIDの交換など、連絡先を聞いてくる男性というのが後を絶ちません。

女性側も一見さんのお客さんには連絡先をいきなり聞かれても、教えないかもしれませんが、リピートしてくれるヘビーユーザーの人から気兼ねなく聞かれたら、つい教えてしまう人もいるのではないでしょうか。

チャットレディとして、男性客と話すわけではないので、いくら男性とおしゃべりしたとしても、報酬がもらえるわけではないのです。

チャットレディをやっている人がたまに男性客と会ったりしているという話を聞きますが、とても危険な行為だと思います。チャットレディの最大のメリットはバーチャル空間で触れることができない点だと思います。

チャットレディに会いたがる男性というのは、もともとアダルト色が強いわけですから、どんな意図を抱いているかわかりません。

直接のアドレス交換をして実際にあったとして、個人的な住所や名前などがしれてしまったら、弱みを握られたことと同然です。

そもそもチャットレディというのは、ライブチャットというバーチャルな限られた空間でお仕事出来るからこそ、気軽に何の気兼ねもなく働けて、楽に稼げるというのが最大のメリットともいえます。

そういった気安い行動をとってしまうチャットレディの女性がいることにより、そういった行為をしないように守っている他のチャットレディの人にも迷惑がおよんでしまいます。

一人のチャットレディがそういった行為をすることにより、あの子はアドレス交換してくれたのに、なんでしてくれないの?という風になってしまいます。

こういったチャットレディが一人いることにより、仕事が全体的にやりにくくなってしまうのです。

まだチャットレディをやったことがない人は、とくにチャットレディのルールなどはしっかりまもって、安心安全に稼ぎ続けましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

チャットレディに、直接連絡先を聞いてくるお客さんというのはブロック機能をつかってブロックしてしまってもいいと思います。

チャットサイトにおいて、ポイントを消費してお金を払ってくれる男性ならまだしも、なにもしていないのにただで連絡先を教えろなんていってくるお客は時間の無駄なのでさっさとブロックしてしまいましょう。

チャトレの女性が直接のアドレスなどを教えてしまうと、チャットサイトからはその男性はメールを送ってきません。なぜならお金がかかってしまうからです。当然、無料であなたと連絡がとれる直接のアドレスの方にメールを送ってくることでしょう。

チャットレディの女性の連絡先を手に入れた男性は、ただで連絡がとれるので、もうけもんですが、チャットレディ側には直接男性とやりとりを何十回と重ねたとしても一銭も稼げませんので時間の無駄になってしまいます。

サイトの外でいくら連絡先を交換してやりとりをしたとしても、お金がもらえるわけではないので、本来チャットレディで稼ぐ目的で始めたのに、意味がなくなってしまいます。

チャットレディが男性客と直接のアドレスなどを交換するのは、危険なだけではなく、時給をみずから捨てていることと同じです。

そもそも、ライブチャットにいる男性ユーザーというのはいくらでもいるので、しつこく連絡先をきいてくる男性をブロックすることに躊躇する必要もありません。

チャットレディに出会いを求めてライブチャットに登録して、いろいろなチャットレディに連絡先を聞いている男性客を相手にしている理由なんてそもそもないんです!自分のことを気に入ってくれて、何時間でもチャットしてくれるようなお客さんとの時間を大切にすべきなのです!